役員社宅

【知らないと数百万損する】法人だと自宅家賃の9割経費?

法人だと自宅家賃の9割は経費?

今回は経費のうち自宅家賃についての話をします。

なぜ、自宅家賃の話をするかと言うと、

自宅家賃がプライベートの支払いの中で、大きな割合を占めるからです。

あなたもプライベートで大きな割合を占める「衣・食・住」をほぼほぼ経費にできたら嬉しくないですか?

それを、法人を使えば可能になるのです。

今回は、その中でも「住」の話をしていきます。

(前回は「食」についての話をしました)

個人事業主が家賃を経費にするには

個人事業主の場合は自宅家賃を経費にしようと思ったら、家事按分が必要です。

家事按分を簡単にお伝えすると、要は、

「支払いを個人分と事業分に合理的な基準で分けてくださいね。そのうち、事業分だけ経費に認めますよ」

ということです。

今回のテーマである自宅家賃だと、床面積で按分されます。

自宅の総床面積のうち、仕事に使っている面積が○割あるから、その割合だけ経費にしようと考えるわけです。

でも、自宅のうち事業に使ってる割合なんてたかが知れてます。

多分、ほとんどの人が仕事をするスペースなんて自分の部屋のパソコンの前くらいじゃないですか?

なので、経費にできても1割くらいっていうのが実状です。

わたしはもっと経費にしてます。

といっても、税務調査に入られたら個人事業主はかなり厳しく見られるので、結局1割しか認められなかったなんてことザラにあります。

とにかくこの家事按分っていうのは、計算も面倒くさい上に経費にできる割合って限りなく低くなっちゃうんです。

法人になると家賃のほとんどを経費にできます!

でもこれが、法人になって社宅化すると、こんな面倒くさいことしなくていいですし、一定の基準に該当すれば自宅家賃の9割以上を経費にできることが多いんです。

全部プライベートで使用しててもです。

だから、堂々と自宅をプライベートスペースに使えばいいんです。

わたしのお客さんに、月々40万円のタワマンに住んでる社長さんがいます。

この方の場合も法人の社宅を活用して、自宅家賃の9割以上を経費にしているのですが、

その効果ってどれくらいか分かりますか?

40万×90%=36万

自宅家賃で月々36万円を経費にしているのです。

年間にすると432万円です。

これが、個人事業主だと1割くらいしか認められないので、毎月4万円しか経費にできません。

これ、めちゃくちゃ大きな差ですよね?

法人を活用して社宅を活用しよう!

だから、法人化して、プライベートの大きな割合を占める自宅家賃も経費にしちゃいましょう!

節税してお金を手元に残すには、

生活費の大部分を占める「衣・食・住」のうちの「住」である住宅に関する支出を制することがかなり大事です!

あなたも早めに法人化してしまって、節税を使いこなしましょう!

そのための、一歩として個別オンライン相談会を利用してくださいね!